page2

高額懸賞に当選するようになってきたので、いつも心がけている懸賞に当選するためのコツをまとめました。

懸賞を見つけたらすぐ応募

インターネット上やスーパーやコンビニなどの店頭には数多くの懸賞情報があふれています。
当然ながら懸賞は応募しなければ当選しないので、気になる懸賞情報を見つけたら応募を忘れてしまう前、めんどくさくて応募をやめてしまう前に即応募します。

メルマガには必ず登録する

自動車会社や旅行会社など賞品を販売する大手販売店には、ほぼメールマガジン配信サービスがあります。
新型自動車の販売開始のお知らせや、激安旅行プランなどに混ざって、たまに懸賞のキャンペーン情報が送信されるので、自分の気になる賞品のメルマガは必ず登録してチェックします。中でもメルマガ限定の懸賞情報は一般に知られることが少ないので当選確率が高くオススメです。

二重応募は禁止

重複応募が禁止されている懸賞への同じ住所・同じ名前での応募は厳禁です。もし当選しても、当選が取り消しされてしまうばかりでなく、ブラックリストに入れられ今後の懸賞当選確率も低くなってしまいます。 ルールはきちんと守って懸賞生活を楽しみましょう。

当選確率の高い高額懸賞に応募

懸賞は、「応募総数」と、「当選者数」によって「当選確率」が決まります。
高額懸賞は注目度・人気ともに高いため、当選者数が少なく、応募者数も多いという大変当選確率の悪い懸賞が多いですので、できるだけ応募者数が少なく、当選者数が多い懸賞を探して応募することが当選確率アップにつながります。

ネット懸賞よりもハガキ懸賞

インターネット懸賞は、はがき代や文字を記入する労力も少なく、その手軽さから大変人気が高いため応募数も多くなります。
ハガキ懸賞はネット懸賞と比べて応募する手間がかかりますが、応募総数が少なく当選確率は高いです。そのため、ハガキ懸賞に応募したほうが当選確率は高いです。また、ネットでの応募とハガキでの応募を選べる懸賞でもハガキ懸賞を選択したほうが当選確率は高くなります。

オープン懸賞よりクローズド懸賞

誰でも無条件で懸賞に応募ができるオープン懸賞よりも、商品購入や特定の条件を満たす必要のあるクローズド懸賞のほうが手間がかかる分、応募総数も少なく当選確率は高くなります。
私も賞品のバーコードを42枚集めて、ディズニーランド&ホテルの旅行懸賞が当選しました。

その懸賞の目的を考えて応募する

懸賞の主催者が、どういう意図を持ってその懸賞を行っているかを考えることによって、アンケートや意見感想を書く際のヒントになります。

主催者の印象に残るコメントを

コメント欄は自分の存在を主催者側にアピールできる数少ないチャンスなので、必ず記入します。
主催者がどういった意見を求めているのかをよく考え、自分の意見を素直に書きます。 褒めることも必要ですが、不満点・改善点など悪い内容も一緒に書くことで、他人のコメントとの差別化を図り、当選確率アップを狙います。

ひたすら応募し続ける

長々とコツをまとめましたが、高額懸賞に当選する最大のコツは懸賞に応募し続けることです。
残念なことに高額懸賞は当選確率がかなり低く、懸賞で自動車が当選するなんてことは宝くじに当選するのと一緒で、奇跡です。しかし昔からよく言われているように、宝くじは買わなければ当選しません。それと同じで、高額懸賞も応募しなければ当選しません。幸いなことに懸賞は宝くじと違って無料で応募することができるので、毎日懸賞情報を探して応募し続けましょう!